前へ
次へ

低周波治療によるマッサージ

自宅に医療機器メーカーによる高価なマッサージ機があるものの、母が寝てしまうと部屋に入れないこともあって手軽に肩こりをほぐすことはできないかとあれこれマッサージグッズを買い求めた時期があります。その際に、当時、初めて売り出された低周波治療器なるものがあり、低周波によって凝りをほぐすというその機器は非常にコンパクトです。粘着性のあるパッドを凝りの部分に貼ってスイッチを入れるとほぐしてくれるということで、肩こりがひどい妹が早速買い求めたものを使わせてもらいました。従来の揉むやたたくといった機能ではなく、凝った筋肉を掴んで引っ張りあげられるような今までに経験したことのない感覚に驚きましたが、これが低周波治療器の特徴ということです。肩こりのツボである首の横部分に貼っているのに、動くと肩甲骨辺りまでしびれて体が勝手にピクピクと動くのは低周波治療器ならではで、マッサージ機にもいろいろな種類がある物だと感心した体験となりました。

Page Top